エリートクラブ会員数で3位になったのは、(中華民国)台湾。300人弱の会員で全体の1割を占めます。

 タイでの起業を志した新華僑1世にとって、5年マルチの特殊ビザは大きな魅力だったようです。台湾国籍者は普通なら、タイに来るのにビザが必要。空港でのビザオンアライバルが例外的にできますが(通常時は)1,000バーツ支払って15日間しか在留許可が与えられません。台北や香港で事前に観光ビザを取っても30日間。そうなると特殊ビザで90日出なくていいのは大きかった。

メインメニュー

旅行者の動向一覧

携帯サイト