さらに、今年4月の赤シャツ軍の暴動は、タイの観光シーズンのピークであるソンクラーン(タイ正月)を見事なまでに粉砕してしまいました。

 ホテルに泊まるようなツアー客は軒並みタイ入りをキャンセル。そして、スワンナプームショックによる低迷から回復しようとしていた客室稼働率は再びマイナスに転じてしまいました。
 ロイヤルオーキッドシェラトンにも近い、マンダリンオリエンタル(旧オリエンタルホテル)では、第二四半期の客室稼働率が30%まで落ち込み、決算も赤字になったといいます。

メインメニュー

旅行者の動向一覧

携帯サイト