一方で、クーデターの時に地上波テレビ局全局が管制下に置かれることを警戒する向きもありました。

 元々itvができた理由は、1992年の軍事クーデターの時に放送局が支配されたことに対する反省が政府、民間の両方にあったからだったはず。ところが2006年のクーデターでも、歴史は繰り返されてしまいました。ソンティ司令長(後の副首相)に指揮された陸軍部隊は、軍直営のチャンネル5本社にまず乗り込みました。

メインメニュー

タイの文化一覧

携帯サイト