サマック首相はリーマンショック前にもかかわらず、タイの景気が悪化傾向をたどっているとして2008年8月、6つの景気刺激策を発表します。

 そのうち、首都圏バスと国鉄の一部無料化はタイを訪れる外国人のバックパッカー旅行にも大きな影響を与えました。
 このうち、鉄道の3等車に無料で乗車できるのは本来、IDカードを提示した大国民のみとされていますが、地方の駅では、外国人も無料で乗せている例が目立ちます。