ここスンガイコロクは、サダオと並んで、正規ビザを取得して60日間の在留許可を得る外国人が多いことでも知られています。マレーシア側の国境に一番近い大都市コタバルには、タイ総領事部があり、ツーリストビザに迷った子羊(?)たちの、最後の頼みの綱ともなっているのです。

 コタバルのタイ総領事部は、クランタン州がイスラム原理に沿ったカレンダーを導入しているため金曜日と土曜日が休みで、日曜日は普通に営業。他の周辺諸国にあるタイ大使館や総領事部とは違い、唯一日曜日に開いているというのが最大の強みです。