そのサダオから西に約10kmのところに、パダンバサール国境検問所があります。

 ここは、タイとマレーシアの間を直通する唯一の鉄道が走っているところ。1日2往復の直通列車が来るときは、駅のホームは賑わいます。列車が到着すると、全員下りてホーム上にあるイミグレでタイとマレーシアの出入国審査を受けます。入国が終わったら列車に戻り、タイバーツとリンギットマレーシアを両替します。
 ちなみに、バンコクを10両編成で出たバターワース行き国際特急は、ハジャイから先は3両と身軽になります。直通できる枠は、出入国審査にかかる時間の関係で少なくなっているのです。