タイとラオスを結ぶ最北の国境が、ゴールデントライアングル。誰しも一度はその名前を聞いたことがあると思いますが、古くは麻薬栽培と交易で賑わったところです。

 ミャンマー側にはカジノが設けられ、週末を中心にタイ人の金持ちが賭博に興じます。このためにイミグレができたのですが、ミャンマーへ渡るボーダーパスが700バーツも取られます。一方、ラオス側には観光目的の小さな村が。20バーツで上陸できますが、お土産屋さんに寄って買い物をするだけです。

メインメニュー

ラオス国境一覧

携帯サイト