失意のうちに政界引退を決めたサマック氏ですが、肥満が肝臓に負担をかけていました。

 メタボリック症候群から非アルコール性肝炎、肝硬変、そして肝臓ガンへと、20年から30年という長い時間をかけて変異していく可能性があるというのですが、サマック氏の体は、見事にこれに該当していたのです。
 退任後、治療のためアメリカに渡り、今年1月に帰国しますが進行が早く、9月にバムルンラードインターナショナルに入院したときは、既に末期ガン状態になっていました。